利用規約


株式会社ニッポンケアシステム及び大化物流開発合同会社(以下、併せて「当社」といいます。)は、共同で企画・運営管理する本サイト 「GBOX」において、利用規約(以下「本規約」といいます)を、以下のとおり定めます。 本サービスの利用を希望される方は、本規約の内容を確認し、本規約の内容に同意した上で、ご利用いただく必要があります。

第1条(定義)

本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。
    1. 「サービス利用契約」とは、本規約に基づき当社とユーザーの間で締結される本規約の内容に従った本サービスの利用に関する契約を意味します。

    2. 「知的財産権」とは、特許権、著作権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます)を意味します。

    3. 「ユーザー」とは、本サービスの利用を希望する者のうち、当社が当社所定の手続を経て本サービスの利用を許諾した者を意味します。

第2条(利用登録)

    1. 本サービスの利用を希望する者(以下本条において「利用希望者」といいます)は、当社所定の手続に従って当社に対し、本サービスの利用を希望する旨を通知するものとします。

    2. 前項に基づく利用希望者からの通知があった場合、当社所定の方法に従って本サービスの利用を許諾する旨を通知するものとします。

    3. 前項に基づく当社の利用希望者への通知によって利用希望者はユーザーとして本サービスを利用する地位を得るものとし、当該ユーザーと当社との間でサービス利用契約が成立するものとします。

第3条(サービスの利用と利用料金)

    1. サービス利用契約の成立後、ユーザーは本規約の内容に従って本サービスを利用できるものとします。

    2. ユーザーは、本サービスの利用の対価として、当社所定の利用料金を、当社所定の支払時期(月末締め)および支払方法(翌月末支払い)に従って当社に支払うものとします。

第4条(禁止行為)

当社は、ユーザーに対し、次に掲げる行為をいずれも禁止します。
    1. 法令もしくは公序良俗に違反する行為または犯罪行為に関連する行為

    2. 当社または第三者の知的財産権、プライバシーの権利その他の権利または利益を侵害する行為

    3. 本サービスのシステム等に過度な負荷をかける行為その他の本サービスの運営を阻害するおそれのある行為

    4. 本サービスを通じ、以下のいずれかに該当する情報を送信すること
      ・コンピューター・ウィルスその他の有害なプログラムを含む情報

    5. 前各号の行為を惹起または容易化する行為

    6. 上記の他、当社が不適切と合理的に判断する行為

第5条(利用契約の解除)

ユーザーが以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は事前の通知および催告を行うことなく、直ちに当該ユーザーとのサービス利用契約を解除し、または当該ユーザーが本サービス上で送信した一切の情報を削除できるものとします。
    1. ユーザーが本規約のいずれかの定めに違反した場合

    2. ユーザーが当社に申告した情報の中に虚偽の情報が含まれることが判明した場合

    3. ユーザーが支払停止もしくは支払不能となり、またはユーザーについて、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合

    4. ユーザーが反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下本号において同じ)である、または反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていることが判明した場合

    5. 前各号に定めるほか、当社がユーザーによる本サービスの利用の継続を適当でないと客観的理由に基づき合理的に判断した場合

前項各号のいずれかの事由が生じた場合、ユーザーは、当社に対する債務の一切について当然に期限の利益を失うものとします。
当社は、本条に基づく当社の行為によってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第6条(退会手続)

ユーザーは、当社所定の手続によって当社に通知を行うことにより、サービス利用契約を解除することができるものとします。

第7条(権利の帰属)

本サービスに関する知的財産権はすべて当社または当社に利用許諾を行っている者に帰属しており、本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスの利用に必要な範囲を超えて本サービスに関する知的財産権の使用許諾を意味するものではありません。

第8条(非保証および免責)

    1. 当社は、本サービスの利用によってユーザーが、ユーザの期待する通りの結果を得られることを保証するものではありません。

    2. 当社は、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合することを保証するものではありません。

    3. 当社は、本サービスがユーザーの使用する情報端末(以下本項において「ユーザー使用端末」といいます)に対応していることを保証するものではなく、当社に故意または重大な過失がない限り、ユーザー使用端末における本サービスの利用によって生じる本サービスまたはユーザー使用端末の不具合その他の一切の事項についての責任を負いません。

    4. 当社は、本サービスの内容変更、中断または終了によって生じたいかなる損害についても、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切責任を負いません。

    5. 当社は前2項に定めるほか、本サービスの利用によってユーザーに生じた如何なる損害についても、当社に故意または重大な過失がない限り、責任を負いません。何らかの理由によって責任を負う場合であっても、特別損害については責任を負わず、対象となる損害が生じた月に当社が当該損害を被ったユーザーから現実に受領した本サービスの利用の対価の金額までを賠償の上限額とします。なお、消費者契約法の適用があり、当社に故意または重大な過失が認められる場合、本項の定めは適用されないものとします。

    6. 当社は、本サービスに関連してユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた紛争等について、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、一切責任を負いません。

第9条(秘密情報)

当社およびユーザーは、本サービスに関連して相手方から開示を受けた情報(但し、公知の情報を除きます)について、秘密情報として取り扱い、本規約に別段の定めがある場合を除き、本サービスの提供または利用の目的以外には利用せず、第三者に対して開示しないものとします。

第10条(本規約の変更)

本規約を変更した場合、当社はユーザーに対して当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、ユーザーが本サービスを利用した場合には、当該ユーザーは、本規約の変更に同意したものとみなします。

第11条(契約上の地位の譲渡等)

    1. ユーザーは、当社の事前の承諾なく、サービス利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできないものとします。

    2. 当社が本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、当社は当該事業の譲渡に伴いサービス利用契約上の地位、本規約に基づく権利および義務を当該事業譲渡の譲受人に譲渡できるものとします。

第12条(禁止事項)

    1. 本規約およびサービス利用契約の準拠法は日本法とします。

    2. 本規約またはサービス利用契約に関連する一切の紛争については、大阪地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。